間違いなく喜ばれる結婚式の二次会で出す景品の選び方

結婚式の二次会に向けて内容を考案中という新郎新婦は、景品選びにも余念がないでしょう。二次会で出す景品の選び方としては、まずは予算を決めることです。二次会全体でかかる費用を算出して、そこから景品にまわせる金額を出します。二次会にかかる費用は、会場代と飲食代、会場の装飾代と新郎新婦の衣装代、式場からの移動代と幹事さんへの謝礼、景品代とプチギフト代などです。全体的な費用について見積もりを出してみて、ゲストから徴収する参加費から景品にまわせる金額を出しましょう。例えば二次会の参加費から500円を景品代にまわす場合、50人が参加するなら25,000円になります。その金額でやりくりするのか、自分たちが上乗せするのかを決めましょう。景品の予算が出たら、いよいよ景品選びです。何点か豪華なものを用意すると二次会はかなり盛り上がります。参加賞程度のものと豪華な景品とメリハリをつけて選ぶと良いでしょう。

結婚式の二次会で出すと喜ばれる景品のご紹介

結婚式の二次会で出すと喜ばれる景品とはどのようなものがあるのでしょうか。ゲストの好みや趣味にもよりますが、その時流行しているものや話題になっているものは、喜ばれる確率が高いと言えます。例えば、最新のゲーム機や話題になっているテーマパークのチケット、映画の鑑賞券などです。入手困難なものほど、希少価値があるために喜ばれます。発売後、早々に完売した商品などを景品に出せば、会場からどよめきが起こるでしょう。他には、高級な肉やスイーツ、地域の特産品なども喜ばれます。3月や4月ならお花見クルーズ券、12月なら夜景クルーズ券などデートで盛り上がりそうなチケットにしても良いでしょう。商品券など使わなくても高値で買い取ってもらえるものは、ゲストがどのような方々でも喜ばれます。

結婚式の二次会で出す景品を場面別にご紹介

結婚式の二次会では、ゲームなどゲスト参加型のイベントを企画して、勝った人に豪華な景品を渡すというスタイルがリスクもなく盛り上がります。ゲームは誰でも知っている単純なものが良いでしょう。例えば、ゲスト全員とビンゴゲームをして、最初にビンゴとなった人に豪華な景品を出すという演出です。2位や3位の人にもそれなりの景品を出し、それ以下では参加賞程度のものを渡します。新郎新婦に関することをクイズにするのも盛り上がります。チーム制にしても良いでしょう。ゲスト同士が交流もでき、正解数の多かったチームに豪華な賞品を渡します。ポイントは、たくさんのゲストに景品が行き渡るようにすることでしょう。景品がお土産にもなって、ゲストに喜ばれます。しかも、二次会にもきちんと予算を割いたと思われるので、好印象で終えることができるでしょう。