結婚式の二次会用の景品を選ぶ時の注意点

挙式や披露宴とは別に、友達を中心とした結婚披露の場として二次会を行うことがあります。結婚式二次会ではビンゴやクイズなどでとても盛り上がります。どういった景品を選ぶべきか困っている幹事さんに、いくつかポイントをお伝えします。まず二次会のゲストの世代を知っておかなければなりません。世代に関わらず喜ばれる景品を用意する必要があるからです。世代に幅がある場合は、食品類がおすすめです。もらった本人ではなくても家族が喜んでくれるからです。また、盛り上がりを意識するなら一点豪華な景品を入れましょう。大きなものは目録などで用意し、後日発送というかたちをとるのがおすすめです。またできるだけ多くの方に景品が渡るよう工夫することも盛り上がりには大切です。二次会景品を選ぶのに適したサイトがいくつかあるので、活用してみてください。

シーン別に考える、結婚式二次会の景品

結婚式の二次会ではさまざまなシーンがあります。景品選びもシーンに合わせて決めると喜ばれます。二人の門出を祝う気持ちとゲストに楽しんでもらいたいという気持ちを大切にして景品選びをしましょう。豪華な目玉商品を1から2点、もらったらうれしいちょっとしたものや参加賞なども含めてバランスよく選びましょう。人気がある景品では、テーマーパークのチケットや体験型チケット、高級食材などがあります。参加しているゲストに既婚者が多い場合、また性別問わず喜ばれる小型家電などもおすすめです。電気ケトルやドライヤーなど日常使いできるものが人気です。人数が多い場合には、豪華一点主義にして、できるだけたくさんの人に景品がいきわたるよう参加賞を考えましょう。結婚式に引き続き参加するゲストが多い場合などは、かさばる景品は避けましょう。

結婚式の二次会景品に盛り上がること間違いなしのアイテム

結婚式二次会での景品は、現物があると喜ばれるのはもちろんですが、豪華賞品ならではの目録での対応も意外と喜ばれます。例えば高級肉セットやお米、家電など、冷蔵物や重たいものといった持ち帰りに困ってしまうようなものは、後日直接ゲストのもとに届くようなシステムを利用するのがおすすめです。二次会の景品をセット購入できるサイトがあり、選ぶ手間や運ぶ手間、ラッピングの手間など、面倒な部分を大幅にカットできるのでおすすめです。豪華賞品には実物の代わりに特大のパネルを用意してもらえるなど、至れり尽くせりです。パネル商品は会場内に飾る事ができ、当たった人はパネルを両手に挙げて喜ぶことができるなど、大変盛り上がります。パネルに新郎新婦の名前を入れるなどアレンジも可能なのがうれしいです。