結婚式の二次会における場面別ごとの喜ばれる景品選択法

結婚式の二次会の雰囲気を左右するといっても過言ではないゲームの景品。結婚式での盛り上がりを打ち消さないような、新郎新婦の気持ちがゲストに伝わる品が渡せるような景品を選びましょう。結婚式に参列する方は、遠方から招かれていたり新郎新婦に所縁のある大切な方達です。場が盛り上がるとわかっていても品のない景品は避けたいものです。地元参加のご友人もいる一方、その土地に降り立つのが初めての人もいるはずです。誰しもが知っているメーカーの商品や、ブランド小物などを景品にするのは当たり前ですが、地元の特産品を結婚式の二次会の景品で出すのも面白いと思います。二次会の景品は、誰に何が渡るかの予想ができません。年代や性別に関係なく使えたり喜んでもらえる物を用意しましょう。景品を見たときに会場が盛り上がり、受け取った人も笑顔になる景品を考えたいですね。

結婚式の二次会の景品を選ぶときに気を付けること

二次会の景品を準備する際、参加する年齢層や男女比などを考慮して買い揃えなければなりませんが、すべての人が満足できる物を見つけることは、正直困難です。場が盛り上がるものや自分の気持ちを伝えられるものといった内容に加え、自分では購入しないがちょっと使ってみたいものを選ぶような目線で景品選びをすると、より多くの人に喜んでもらえる景品が見つかるでしょう。目録ではなく現物をその場で渡す場合、かさばるものや重たいものは負担になります。内容の充実を図るのはもっともですが、すでに引き出物を渡していたり、遠方から来てくれている人もいます。結婚式の二次会で渡す景品であることも忘れずに選びましょう。新郎新婦や幹事にとって二次会の段取りをおこなうのは大変ですが、結婚式の二次会の景品で、幸せのお裾分けと感謝の気持ちを伝えられるのは嬉しい限りですね。

結婚式の二次会で景品として用意する品の内容

普段使っている物よりハイスペックな物、なくても困らないがあれば使う物、何回貰っても嬉しい物などが結婚式の二次会の景品で当たるとテンションが一気に上がります。参加した人の喜ぶ顔が見られて二次会が盛り上がると、計画した甲斐もあるというものです。色々考えるあまり景品選びに煮詰まりそうですが、どの結婚式の二次会でも定番の景品があります。定番=希望する人が沢山いる商品ということですので、定番の景品をいくつか揃えるのも会を盛り上げるのにはいいかもしれません。また、形に残るものではなく消え物といわれるチケットや食べ物も用意すると喜ばれます。自分では購入しない高級食材は、年齢問わず受けがよい景品です。結婚式の二次会はカジュアルな雰囲気で新郎新婦をお祝いできる席でもあり、新郎新婦も緊張から解放され親しい人と楽しい時間を過ごせる時間でもあります。そんな中で、ふたりの感謝を込めて渡せる景品を選んでみて下さい。