結婚式の二次会でうける景品の傾向を紹介します

結婚式の二次会では、ビンゴなどのゲームによって景品を用意するのが一般的となっています。この景品によって二次会自体が盛り上げるかどうかがかかっているため、景品選びは非常に需要であるといえます。景品はより品数を多く用意することで、二次会に参加してくれた多くの人の行きわたります。しかし予算はそれほど多くないため、多くの人に渡したい景品は安くて面白いものを用意することで会全体が盛り上がります。例えば一見するとお肉に見えるタオルや、銀行の通帳の見た目をしたメモ帳、アイスの形をした扇風機などです。こうした雑貨は見た目に反してきちんと機能性も兼ねそろえているため、喜ばれる傾向があります。また駄菓子なども安く用意できるうえ、多くの人が懐かしいと感じることができます。景品の品数を増やすために選んでもよいでしょう。

結婚式の二次会で喜ばれる目玉の景品とは

結婚式の二次会の景品は、目玉商品をいくつか用意するとよいでしょう。根強い人気があるのはパークチケットのペア招待券やお掃除ロボットなどの家電製品です。目玉の景品があるだけでゲームに対する意欲がぐっと向上するため、おすすめです。しかし、景品は必ずしも高価なものだけが喜ばれるというわけではありません。高価なものは、予算的にたくさん用意するのは難しいでしょう。そのため目玉の景品以外はランクを落とし、何千円で購入できるものをいくつか用意するとよいです。参加者から喜ばれるものとして、自分では買わないけれどあったら便利なものは人気が高い傾向があります。家電であればヨーグルトメーカーやホットサンドメーカーなど、一つしか活用できないものは自分ではなかなか購入しないことから、喜ばれる景品となっているようです。

結婚式の二次会で、人数が確定しないときの景品とは

結婚式の二次会の景品を準備するにあたって、人数と予算は非常に重要です。多くの二次会は会費制となっており、参加者からの会費が料理や景品の金額にあたられるため、人数がしっかりと確定していなと予算も決められなくなってしまうのです。しかし、二次会というのは結婚式に参列していない人を呼ぶことも多く、仕事の関係で出られるかわからないという場合や、体調の変化など人数がしっかりと確定しない場合も多いでしょう。しかし景品の数を多くし、誰もが楽しめる二次会にしたいと考える場合、無料の景品を増やすことも一つの手段です。無料の景品とは例えば、新婚旅行でのお土産を手に入れられる券や、新郎新婦の新居に行くことができる券といったその場では費用がかからず、さらにもらった人が多少うれしくなるような権利を景品にすることで予算をおさえながらも会場を盛り上げることができます。

※場所によっては難しい地域もございます。 一部離島・沖縄・北海道以外は全国配送料金無料です。 会員登録でポイント付与、5%ポイントバックいたします。 会場へ直接お届けもいたします。 利用者数、年間約3000組のパーティーでご利用いただいております。 景品の受け渡しは目録システムなのでご当選者様も手ブラで帰れます。 営業時間は10:00~18:00、土日祝が休みとなっております。 2次会景品.COMでは人気商品で結婚式の二次会景品を提供